--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/25 (Mon) 第3回連載

小説:テキスト庵オフライン・ミーティングの惨劇 (第3回連載)

第1回連載
作者急病のお知らせ
編集部からのお知らせ
第2回連載


あ、頭が・・割れるように痛い・・。ここはどこだろうか。わたくしは鈍痛の続く頭を振りながら、かろうじて身を起こしてみた。どうやらホテルの一室らしい。ずきっ。頭痛のたびに、昨夜の出来事が断片的に甦ってきた。

1次会は既に喧騒状態であった。やたらエロ話をする者、やたら家族自慢をする者、やたら病気自慢をする者、やたら贔屓の芸能人ネタを話す者、やたら一気飲みをする者、やたら静かに飲む者、それぞれがヒートアップし、わたくしの懸念など吹き飛ばすかのようであった。どうやら若干1名のみが、あの紙袋の男に気づいていた風なのだが、それとは確かめることもなく、別れてしまった。

・・思い出してきた。

悲鳴の後に駆けつけて、突っ伏した3人を遠巻きに見ていたのだが、そこで記憶が途切れている。次の記憶は、カラオケ屋であった。「いやわたくしは音痴でして」と断っているのにもかかわらず、マイクを差し向けられたので、しかたなく、「では」っと自信満々にステージに立ったのであった。十八番の「くちびるネットワーク」と「およしになってTEACHER」を唄ったのはいいのだが、完全にしらけてしまった。中でも女性陣の刺すような視線が厳しい。

あはは、と苦笑いしていると、ここでまた記憶が途切れる。


次の記憶は、相当に寂しくなった家路であった。どうやらわたくしは介抱されているらしく、しきりに「・・さん、大丈夫ですか」と問いかけてくる。今日の主催者の人、あるいは運営者の人だろうか。3人ぐらいで帰路に急いでいるようだったが、ふいに、「あ、チェックインしてきますので」という声で、誰かがいなくなった。そして自分を支えていた人もなぜか、ふっと消えてしまった。まるで神隠しにあったかのような、ふっと。


と、その時。新宿の大都会で、どうやらわたくしは1人に置き去りにされてしまったようだ。どうしたのだろう。つい前の瞬間まで知った人がそばにいた感覚だったのに、ひやっとするほどの冷気がふいに襲い、そして1人取り残された。

・・さっきまでの盛会は何だったのだろう・・。

・・なぜ、わたくしを置いて、みんな突然消えてしまったのだろうか・・。

大阪オフ会まであと6日・・。

あと4人・・。また脳裏に誰かが囁いた気がした。

(つづく)

***************

ここまで原稿用紙に書いたところ、突然、ピロリーンという音と共に、電子メールが届いた。「ん、何だろう」<柿柳>はさっそく、メールを開いてみた。「こ、これは・・・!?」

「背景:柿柳万年助教授殿;

今すぐ、馬鹿げた連載は辞めよ。さもなければ、血の雨が降るのであろう。

天災より。」


「な、何なんだ、これは。脅迫状?」<柿柳>はうろたえた。ブログにコメントはよく付くのだが、ほとんどが業者の宣伝で、仕方なく、IPアドレスとキーワードの両方で、ひっかかったコメントは自動的に削除(正確にはゴミ箱フォルダへ)される仕組みにしておいた。それを思い出した<柿柳>はゴミ箱を開いてみると、果たして、似たような脅迫状が何通もコメントされていた。

「な、なぜこの時期に? よっぽどオフ会について触れられたくないのか? この脅迫状は果たして誰から来たのか・・。」わからない。身の危険を感じ、改めてIPアドレスを書き取り、プロバイダや相手のOSやブラウザ情報も見ていると、ハンドル名が違うにも関わらず、同一であった。「これは証拠として残しておく必要がある。何かあれば警察に提出だな・・」

「それにしても誰がいったい?」

<柿柳>は5日後に迫った大阪オフ会に、今まで以上の不安を覚えた。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(0) |


<<ミステリ・ジョッキー | TOP | およしになるそのCM>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/171-4107dcfb

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。