--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/06 (Sat) 北村薫

北村薫『街の灯』文春文庫、2006.5
北村薫『玻璃の天』文春文庫、2009.9 読了。

三部作、<ベッキーさん>シリーズ。第三作でようやく直木賞を取ったので、その記念としてシリーズ物を買い求めた。直木賞の方はまだ単行本なので買っていない。そしてその本がミステリとしても評価が高いので、まずはシリーズに慣れる必要があるなと、こちらを読了してみた。

ミステリ畑で最も文学部的な文章。そうなのである、本格ミステリを書く人はなぜか文学部出身が多くなく、法学部だったり、理工学部だったりする。やはり技巧的だからだろうか。その中で、早稲田出身の北村は貴重な存在。ど真ん中の文学趣味である。それゆえに、文学そのものに対する素養が深い。味わいがある。

このシリーズも過去を踏襲している。もともと覆面作家であったときから、女流作家と信じられていた文体である。若い女性を書かせれば、しかも素直で凛とした女性を書かせれば一級品である。その素直さと困難さを素直に出せる設定は何か。それが昭和初期の上流階級であった。

主人公は財閥社長のお嬢様。学習院とおぼしき女学校に通う。そこには華族も皇族もいて、けっして完全な格下ではないけれど格上でもない、という階層が存在する。その中で、運転手として別宮さんが登場する。この人物が謎である。通常ならば、お嬢様がワトソン役で、別宮さんがホームズ役であろう。しかし別宮さんは使用人である。あくまで出しゃばりはない。凛とした筋があるだけである。それゆえお嬢様はヒントをもらいつつ、自分で考え、行動する。

時は1933年、昭和8年。軍国主義の軍靴が声高に聞こえてくる。しかしお嬢様の世界は隔靴掻痒。のんびりと過ぎていく。しかしその中でも時代精神を感じさせないわけにはいかない。世間に反して自分の精神の発露を自由に許される社会が来るのだろうか。それが小さな苦悩である。

各冊は3つの短編から成り立っている。いずれも味わい深いが、逆に後日談などは極力廃しており、つまり余韻のある形で終わっている。完全に謎が収束する、という形にもなっていないようだ。それが直木賞受賞作ではもっとはっきりとした謎の解明で終わるのではないかと仄聞する。

この時代の銀座や軽井沢がよくわかる。ハイカラでモダンな時代が確かにあった。それが誰も止められないまま、暗黒の時代へと暗転する。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(1) | comment(4) |


<<刑事の物語 | TOP | 粘膜蜥蜴>>

comment











管理人のみ閲覧OK


北村薫 

元々は高野文子ファンで,そのイラストに惹かれて読み始めたので,初期の頃はよく読んでいたのですが。「スキップ」「ターン」「リセット」でなんか違うなぁと遠ざかっていました。北村薫の真骨頂はやっぱりその「文学部」的テイストでしょうね。衒学的にならずに適度にオブラートにくるんでいる点が嫌らしくない。

2010/02/06 14:49 | Jack [ 編集 ]


No title 

Jackさん、こんにちは。『盤上の敵』をお勧めします。北村は悪意も操れる、という作品です。

2010/02/11 09:19 | 柿柳 [ 編集 ]


No title 

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2010/06/30 02:15 | 藍色 [ 編集 ]


Re: No title 

> こんにちは。同じ本の感想記事を
> トラックバックさせていただきました。
> この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
> お気軽にどうぞ。

ありがとうございます。

2010/07/25 18:10 | profky [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/176-ed94ddbd

街の灯 北村薫
士族出身の上流家庭・花村家にやってきた若い女性運転手。 令嬢の「わたし」は『虚栄の市』のヒロインにちなんで、 彼女をひそかに「ベッキ... //粋な提案 2010/06/30 01:57

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。