--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/12 (Mon) サークル勧誘における男女差別と合コン

週間アクセス第5位を獲得した柿柳です、こんばんは。

フフフ、245ポイントを獲得し、自己最上位の第5位。空前絶後だね。なんと先週比、81位の急上昇。わたくしが本気を出せばこんなもんですよ。逆に言えば、毎日更新して、極上のネタをねちねちとここまで引っ張っても、まだ上位4人には相当な開きがあるな、ということがわかった。この4人には、つまらなくなれ~~~~~、という邪念を送っておいた。はは。


さて、雪見さんが憤っている、大学サークルの男女差別について。そうそう、有名大学であるほど、周辺の女子大学とサークルは連携していて、それゆえにその有名大学の女子学生を排除する傾向にあるのだ。

ただし排除されているのは女子学生だけではない、というのがわたくしの主張である。ここに1970年代以降に大学生活を送った1人の実例を挙げておこう。仮にその名前を<柿柳>としておく。かのお方は刻苦勉励の末、田舎県立大学から都会有名大学に合格した。ここで、「これでオレも青春を謳歌するぞ」という妄想が働いたとしても攻められない。

さて、その都会有名大学、仮にニコニコ大学(仮称)としておこうか、そこで激しいサークル勧誘活動が行われていた。もちろんかのお方も「テキトーな人数の男女がこじゃれたダイニングバーで下心をまさぐりあいながら酒を飲む」(by べるさん)イベントに興味があったとしても攻められない。

そこでオールシーズン・サークルに入ろうとしたわけだ。春は川下り、夏はテニス、秋はハイキング、冬はスキーという具合である(当時はスノーボートがなかった)。すべてやってしまおうという贅沢なサークルである。別名、単なる毎日が合コンサークルである。しかしだ、受付のやさ男はかのお方を一瞥すると、「もう男子は締切なんだよね」とうそぶいた。

なにお、そんな馬鹿な、と憤ったかのお方であるが、徐々に事情がわかってきた。女子学生だけでなく、男子学生も選抜されているのである。次の4つの類型に当てはまらないといけない。

(1)ハンサム(受付担当)、(2)当該スポーツがやたらうまい(トーナメント担当、その筋でも一流であることを誇示)、(3)おもろい(コンパ担当)、(4)金持ち(金づる担当、上流階級への道)

もちろんそのどの類型にも当てはまらなかったかのお方は、すごすごとサークル受付を背にして逃げ帰った。この煮え湯が彼をして、さらなる勉学を励む動機となったのである。そして学者になる、という道筋が見えた瞬間であった。そしてそれを実現した現在がある。

思い出してもムカツくな。あはは。

というわけで、中年になってからの合コンは、さらなる腹の探り合いがあって、ぎとぎと、ぎすぎす、しておもろいですよ。べるさんもどうぞ。




この物語はフィクションです。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(0) |


<<責められない | TOP | 第9回連載>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/195-066fc832

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。