FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/14 (Wed) 第10回連載

小説:テキスト庵オフライン・ミーティングの惨劇 (第10回連載)

第1回連載
作者急病のお知らせ
編集部からのお知らせ
第2回連載
第3回連載
第4回連載
第5回連載
作者詐病のお知らせ
第6回連載
第7回連載
第8回連載
最終回のお知らせ
第9回連載

エピローグ

「終わったな・・・」管理人である柿柳は満足げにうなずいた。「これでようやく10周年記念イベントも終わりだ。」

周到に練った計画であった。テキスト庵総合アクセス第1位になる、という動機には変わりがない。問題はどのような手段をとるかだ。当初は人気ブロガーを執筆不能にする、という手が有効だと真剣に考えた。しかしそれに加えて、別の方法も試してみるべきだろう、と思い直したのだ。

人気ブログの秘密は猫・女性・極論であると分類しておいた。実はもう1つある*。自己言及型ブログである。つまり、テキスト庵についての話題を書くと、確実にアクセス数は上がるのだ。特に昨年9月からは、オフ会ネタが目玉となっていた。それではこのネタをできるだけ引っ張ろう、と考えたのは自然であった。さっそく<小説>と称するネタを披露することにした。

(脚注*)実はもう1つの範疇にも人気がある。すなわち男の自炊写真ブログである。グルメ写真というよりも、自炊写真を載せると、なぜか受けがよい。

しかし、これでもまだ足りない。オフ会に来ない人気ブロガーはどうするのか。わたくしのブログを全く見ない人が多数ならどうするか。つまり、確実に第1位を奪取するにはどうしたら良いのだろうか。


ここで再び天啓がひらめいた。自分がテキスト庵の管理人そのものになれば良いのだ。人類補完計画ならぬ、管理人代替計画である。再び逆転の発想である。そうすればアクセスランキングなど、自由自在だ。

そうと決まれば、あとは準備するだけ。入れ替わりは長野の別荘で行われた。いきなり訪問したわたくしに、【な】さんはびっくりしたようだったが、わたくしのアイデアを聞くと、「なかなかいいねえ、そういう稚戯は」と賛成してくれた。スーパー同居人さんが予想以上にスーパーだったのでびっくりした。それもさらに嫉妬させる原因となった。

そう、少しの間だけ2人が入れ替わって、わたくしがテキスト庵の運営を肩代わりするという偽のアイデアである。【な】さんには、あくまで一時的なことであると信じ込ませた。

あとは色々な準備である。まずテキスト庵10周年記念を開催することを、わたくし自身が決断し告知した。だいたいゆるく、適当に、という本当の運営者ならば、オフ会など企画するだろうか? この時点で違和感を感じた読者もいたであろう。

次に、わたくしが失言したふりをして、運営者=【な】さん、であると暴露しておいた。これは今まで公然の秘密だったのだ。そしてわたくしが何も知らない善意の第三者であることの装いであった。本当は悪意の第一人者なのだが。

最後に、自分自身の姿がザブンクル加藤に似ていることを用い、運営者の容姿について偽の噂を流した。そして初めて会う人が「あーほんとに似ている」とわたくしを見て笑ったのには、逆に笑ってしまった。彼らはわたくしを管理人であると信じて疑わなかった。

さてこのようにして東京オフ会、大阪オフ会を開催した。ところが思わぬ事態になった。<柿柳>を演じていた【な】さん(偽者には< >が付いている)が、別名を使ってやはり出席したいというのである。2人が鉢合わせするのはまずかろうと思ったが、思い直して自由にさせた。新旧の管理人がオフ会で対峙しているなんて、そしてそれを誰も知らないなんて、すがすがしいではないか。こちらも穴あき紙袋人間をときどき演じて、【な】さんの肝を冷やさせた。


そしてオフ会の惨劇! すべては柿柳のシナリオ通りであった。毒をすり替えて無害な物に変えておいた、と信じていたオフ会参加者だが、取り替えられた容器にはもっと有害な物質が含まれていたのだ。すなわち強い酒である。これで二日酔いになった参加者は、まともなブログが書けなかったであろう。

運営者を演じていたわたくしは、その本心が出たのか、最初こそは「管理人じゃなくて運営者ですよ」と訂正させていたが、そのうち、わたくし=管理人、であることを当然のこととして振る舞った。もし【な】さんならば、管理人という呼称を使うはずがないではないか。

そして最後の禅問答。深遠かつ目くらましの論法を使い、【な】さんの精神を追い詰めていった。いや、その前にその精神には大変な負荷がかかっていたはずなのだ。何しろ、あの<柿柳>を演じるのである。実際、2009年9月からの柿柳ブログの更新はめっきりと減った。わたくしも新たな管理人業務で忙しかったこともあるし。再び2010年4月からラストスパートの連載を行うため、更新頻度を高めたのだ。


そう、こうして今に至る。連行されていった【な】さんは最後までこれが芝居であると信じていたようである。しかし、運営者さんよ、入れ替わりは一時的ではなく、永久的なのだ。いまこの瞬間からは、わたくしがテキスト庵の管理者なのだ。

「さて、ランキング・スクリプトをいじって、まずわたくしを総合1位にしておくか。次に新たな管理ルールを制定しよう。第1、テキスト庵関係者は猫好きであること。第2、1日2回、柿柳ブログに訪問すること、第3、・・・・・」

・・・柿柳はぶつぶつとつぶやき、永遠の相の下に埋没していった。最後に残された路傍の石には、なぜか次の文字が刻まれていた。

「テキスト庵、10周年、おめでとう」

完。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(2) |


<<いつまでも若い | TOP | 責められない>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

なーるほど。9回で連載が終わるのは変だなと思いましたが、10周年とかけて10回連載だったわけですね。テキスト庵の隠れた特徴である「管理者・運営者」の件も織り込んでいて面白かったです。最後の数行がブンガク的だなぁ。

新学期スタート直後のご多忙な時期にこんなに更新なさるなんて、柿柳先生のテキスト庵上位獲得への意気込みが感じられますね。(それともひょっとしてサバティカルなんだろうか…。)

2010/04/14 09:33 | 雪見 [ 編集 ]


Re: No title 

> なーるほど。9回で連載が終わるのは変だなと思いましたが、10周年とかけて10回連載だったわけですね。テキスト庵の隠れた特徴である「管理者・運営者」の件も織り込んでいて面白かったです。最後の数行がブンガク的だなぁ。

あ、10周年だから10回連載なのですか。この暗合には初めて気づきました。

ってわざとらしいか。

2010/04/15 09:31 | 柿柳 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/197-fc9927e9

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。