--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/25 (Tue) Jリーグ100年構想

日韓戦を見た柿柳です、こんばんは。

こりゃ絶望的だな、W杯は。1点も取れないまま、終わるかもしれない。

兆しは数年前から訪れていた。オシムが倒れたのが日本の運の尽きであろうか。しかし最近の代表のていたらくは、実は代表監督だけの責任ではない。日本の選手全体の力が落ちてきている、というのが素直な観察結果であろう。

その証左はアジア・チャンピオンリーグであろう。日本のチーム4つはすべてベスト16にもなれずに敗退した。数年前は優勝したり、せめてベスト4に1つは残っていたのにである。対戦相手は韓国だけでなく、中国にも負けている。鹿島が負けたのにはショックであった。いまJリーグで一番という外国人監督を有しているのに、あっさりと負けてしまったのである。

つまり監督が有能でも補えない力の差があるということだ。この状況はちょうど、中村俊輔や遠藤の力がだんだん落ちていくように見えたここ1年・2年の出来事に符合している。その間、新しい若手がバリバリと出てくればよかったのだが、そして何人かはいるはずなのだが、代表で結果を残せていない。いわゆる「のっていない」のである。

さて本番のW杯はどう見据えるべきだろうか。ここは長期的視野にたって、Jリーグ100年構想に返るべきだろう。すなわち100年間の間にJリーグの理念、地域密着型サポーターを推進すべきではないか、そしてその間にW杯ベスト4を窺える戦力を身につけること。1993年にJリーグが発足してから17年たった。ほぼ5分の1だ。まだこのぐらいでもあるし、もうこの時期でもある。

http://www.j-league.or.jp/100year/about/

この理念がどれほど根付いているのか。それは選手やコーチだけでなく、見る方にも求められる審美意識である。それゆえ、この南アフリカ大会の結果を直接嘆くのではなく、どのように変えていくか、という暖かい積極的な批評精神が必要であろう。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(0) |


<<24時間戦えますか | TOP | 懐メロ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/214-b4068a5b

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。