FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/02 (Tue) SP岡田

SPを観てきた柿柳です、こんばんは。


わたくしは断然、映画館で映画を観る派閥に入っているので、映画館で映画を観るのである。そして今日は映画の日なのであった。いつもは深夜割引で観るのだが、今日はさらに割引なのであった。

本当は「七瀬ふたたび」を観たかったのだが、どうも上映終了したらしい。そんなに話題作じゃないからかな。胴元が売る気ないんだろうね。

というわけで、フジテレビの戦略に乗って、SPという物語を見た。これは初物である。テレビドラマは見ないから、だいたいは映画で観る。もしそれがよかったら、テレビドラマもDVDで観てみる、という具合。トリックとか、青島君とか、ガリレオとか、そのパターン。

というわけで、原作は漫画らしくちょろっと眺めたことはあるが、何も予備知識なし。ただテレビで宣伝をやっていたのに踊らされたわけだ。

仕方がないので、キャー岡田くう~~~~ん、と叫んでみた。

どうもこの人がV6だかV7の岡田君というらしい。人気があるらしい。任期制か? どうやらジャニーズ帝国に属しているらしいから、宣伝しないと怒られるらしい。いろいろと太鼓持ちしないとダメらしい。


物語は途中から始まっている。そりゃ当然だ、映画特別版だし、通常のストーリーはテレビでやっているのだし。しかしそれらをまったく知らないわたくしにとっては、なにやらついて行くのが大変。え、この岡田君、エスパーなの? 危険を事前に察知できるという能力があるのか? それにしては中途半端な能力のようだが。

さほど制作費がかかっていないようで、まあテレビ特別版のようなもの。陰謀話があるということだが、具体的にはさっぱり。要人を襲撃したいのか、SPを殉職させたいのか、それからどうなるのか、さっぱり見えない。ただ暗殺者たちが特定の国々を指しているようで、これは大きな意味での国策映画だなと思った次第。その意味で、時代の雰囲気やいい加減さによく合致している。その割には岡田君がシリアスすぎる。

一番おもしろかったのは、堤君のセリフ。残念だ、実に残念だ。これって『容疑者Xの献身』そのままじゃないか。これにはびっくり。雰囲気も同一。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(0) |


<<サッカーとミステリ | TOP | In or Out?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/241-d127fb38

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。