--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/16 (Wed) 我が輩は坊っちゃんである

我が輩は坊ちゃんである、名前はまだない、とつぶやいた柿柳です、こんばんは。

柳広司『贋作「坊ちゃん」殺人事件』角川文庫、2010.10 読了。

2001年の作品である。新人賞を取ったので、実際に本屋で箱入りの実物を手に取った覚えがある。しかしどうにもちょっとな、とその時は思って、ずっと忌避していた。なぜかはよくわからない。

その後、この作家が『ジョーカー・ゲーム』という傑作作品を残したので、いくつか読むようになり、その流れで文庫化されている過去の作品も読むようになった。

そして今回の読了である。これは楽しい。もっと前に読むべき本であった。

とにかく漱石の文体そのままである。そして筋もすべて通っている。あの、赤シャツが殺された! いったい犯人は誰なのか。坊っちゃんが図らずも探偵となり、快刀乱麻?の切れ味で真相を明らかにする! 


しかし、その真相は明らかにされたくなかったのか。漱石がこの作品を書いたときの社会情勢こそが、真の意味での真相であったのかもしれない。

柳の作品は過去に再評価する。戦時のスパイものなど、特筆すべき歴史解釈と、軽快な文体が渾然一体となっている。まずは読むべき作品であろう。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(0) |


<<壁の道 | TOP | テキスト庵の番号>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/251-098053cc

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。