--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/04 (Fri) カンニングの末路

教育評論家の柿柳です、こんばんは。


なんか、雲行きが怪しくなって、京都大学が叩かれているようだねえ。何を隠そう、京都大学が第二志望であった(志望するだけなら猿でもできる、もちろん第一志望はバカ田大学である)この柿柳が、東鴨川帝国大学を擁護して進ぜよう。

だいたいテレビに出てくる評論家って、大学をひとごとのように、無責任に、投げやりに、そのくせ世間受けするように発言しているけど(それこそがテレビにおける評論なのだけど)、みななぜか○○大学客員教授だの、特任教授だの、特攻教授だの、なぜか大学の末席を汚しているヒトばかり。元高校教師であったり、元官僚であったり、元新聞記者であったり、元国体出場選手であったり、とにかくなぜかそんなヒトばかり。そんな人に限って、大学の日常の業務を知らないから(大学で授業がないときは暇だな、とつぶやいていた元官僚がいたな、そりゃ、暇なのはアンタだけだよ)、とんちんかんなことばかり。

カンニングされる大学が悪い、という声がある。

まあ、それもそうだろう、ある程度まで。しかしカンニング(この場合は業務妨害)をする方が、さらに悪くはないのか。この大学の監視体制は、カンニングを横行させるほど怠慢なものだったのか? そうならば、多くの受験生がカンニングし放題だっただろう。

警備装置の古い家に空き巣が入って、最新設備でないその家が悪いと、関係ない人が喚くようなものである。第一に悪いのは空き巣だろう。そして改善すべきはその装置であろう。改善を怠ったからといって、空き巣が無罪になったり、罪が軽くなったりするわけでない。

あるいは、その監視体制(だいたい試験会場は監視のみをしているわけではない、受験生が公平に最大限の実力を発揮できる空間を作るという教育目標が主眼だ)が悪いという人々を雇って、わたくしの代わりにやってもらおうか。実際に同じような動きができるかな。それができるならば、喜んでその業務を日払いで提供するだろう。ただし、その輩が悪人である確率は、大学人のそれよりも高いだろう(なぜなら、悪事を働こうとその業務に志願する悪人が紛れ込むからだ)。

だいたい今度の騒動で、わざわざ大学に電話をかけて、どなりちらす輩の方が、よっぽど大学の業務を妨害していないか? 意見があれば、ブログで公表するか、学長宛、入試部長宛に実名で、手紙を書けば良い。真摯な大学ならばそれには対応するだろう。電話をしても下っ端が出て、その人がやっていた本当の業務が妨害されているだけだ。

さてどうするか。試験会場から携帯電話で投稿できたとしたら、それを防ぐ手立てを強化しないといけないだろう。ESPジャマーでも張るか(超人ロックを参照)? 受験生全員を支給服に着替えさせるか? 空港で導入されるという噂の武器透視装置を買うか? 

いずれにせよ、入試の費用が確実に上がる。問題はそのコストを誰が負担するかだ。結局は、税金である。直接的か、間接的か、わからないが、結局は税金である。国立大学が追加要員を雇えば、どこかの費用が削られるか、追加分を国庫から補助されるか。どこかの費用が削られるならば、確実に教育および研究の質が落ちる(みんな、本当に追加的費用もなく、何かが向上するだけの余地がある、ヒマでサボッテいる大学教員、大学事務員がそんなにウヨウヨいると信じているのか?)ということになる。そのツケは誰が払うのか。

君たちである。直接には、われわれ大学人であるが。ということをそろそろ自覚して頂こう。

さて、この受験生はどうなるのか。どのような罪と罰がふさわしいのか。

これは難問である。偽計という罪が成り立つのだろう。たかがカンニングではなく、偽計業務妨害という犯罪を構成するから逮捕されたのである。次を参照。「犯罪かどうかを世論によって左右するのはおかしい」

http://togetter.com/li/107865

成人ではないというのも、問題をさらに難しくする。成人でも起訴猶予がある。執行猶予もある。こればかりは、初の判例となるので、わからない。まずは法律のプロが仕切るべきだろう。

問題はその先だ。法律上の罪が償われて、次に教育の場面だ。この受験生は永久に、大学を受験できないのだろうか。受験資格はないのだろうか。通常、受験資格は純粋に学歴だけ(つまり高校卒業相当)で良い。もちろん今は特例も多い。最終的には各大学の判断に任されている(はず、だが実際には横並び)。

たとえ少年少女が過去に犯罪を犯していても、大学は、あるいは会社は、それを知る手段がない。それゆえ、通常の人と同じように出願は処理される。しかしことがことだ。これほどネット情報網が発達したため、例えばマスコミ人は全員、この少年のほとんどすべてを特定している。またお節介な連中は、その情報を暴くことで嬉々としている。それゆえ、この場合、情報が出願大学に漏れることがよくあるのだ。

その時、どうするのか。むしろ大学人はそれを今から考える必要があるだろう。

そして非大学人も、結局は、この犯罪の余波が自分に少なからぬ形でかかってくることを自覚すべきであろう。







スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(1) |


<<出張先にて | TOP | 騙されるな国民よ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

珍しく(?)共感しました。全くおっしゃる通りと思います。

2011/03/13 21:34 | CHARADE [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/261-f03683be

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。