--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/17 (Fri) 阪急に載る

阪急電車に乗ってみた柿柳です、こんばんは。

あっと、訂正するぜよ。『阪急電車』という映画を見てみただけぜよ。ぜよ、って何だぜよ。

阪急というとブレーブス、ということしか思い浮かばない。タカラ図化、いや宝塚も関係しているのだろうか。この辺はよくわからない。というわけで、阪急電車が何を指すのか、よくわからない。今回の映画はその中でもローカル線のような支線だったようで、これまた何を指すのか、よくわからない。

しかし土地についてはよく分からない方が良いのだ。それと映画は関係ないのだ。

有川浩、という男の作家が作者である。もちろんウソで、女の作家である。名前をサッカクしてしまったではないか。性別誤認トリックと言うべきだろうか。

この人の本は既に『図書館戦争』やらで読んだことはあった。そして最新作?だかの『県庁 おもてなし課』も読んでおいた。この人、関西出身じゃないじゃ~ん。じゃ~ん、なんて今時、横浜でも言うのか。じゃ~ん。高知主神である。そして高知の話であった。

さて、阪急列車である。これは小さな女の物語である。決して小さな女ではない。小さな物語である。日常から2メートルほどの物語である。そして男の話は大きなホラ話である。SP革命編がそうであった。なにやら地に着いていない、理想ばかりの大がかりなプロット。これが男の典型だ。

それに対して、この原作は徹頭徹尾、女しか出てこない。幼稚園児、小学生、高校生、大学生、30過ぎたOL、40過ぎた専業主婦、そして孫娘を叱咤するおばあさん。それぞれの女の意地が炸裂し、電車の中で交錯する話である。

犬を飼いたい孫娘。いじめにあった小学生。馬鹿な社会人カレシを持つ高校生。DVの情けない男がカレの女子大生。オタクとウイウイシサの女子大生。後輩を寝取られたOL。厚顔ばあさんにつきあいたくないOL。そして嫁と疎遠なおばあさん。

中でもおもしろかったのはウイウイシイ、田舎もんの女子大生である。よくもまあ、こんな田舎くさい女を捜してきたもんだ。みんなモデル顔、つけまつげバクバク顔、なのに、この人だけ高校生が頑張って大学に行っているような風情。とにかく顔がでかいのだ。それが他の女優と違うのだ。

他の話もおもしろい。わずか15分の片道で交錯する人生模様。男に振り回されていた人生をあっさりやめて、しなやかにしたたかに生きる女群。そうした小さな話の物語である。

少し気になったこと。この関西弁は本物なのだろうか。関西弁は真似しても習得できない言語である。それよりは生粋の神戸人、大阪人をキャストにすべきだろう。

この映画は原作を同じように、おもしろい。涙が出ること請け合いである。

スポンサーサイト

雑感 | trackback(0) | comment(2) |


<<霞ヶ関のドブネズミ | TOP | 法廷推理>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

阪急電車は、学生時代に愛用していました。
メイン路線は梅田~三宮を繋ぐ神戸線で、確かに宝塚線は割とローカルな線です。
えのダーク臙脂みたいな色が懐かしいです。

2011/06/17 23:52 | 駅員@地獄三丁目駅 [ 編集 ]


Re: No title 

> 阪急電車は、学生時代に愛用していました。
> メイン路線は梅田~三宮を繋ぐ神戸線で、確かに宝塚線は割とローカルな線です。
> えのダーク臙脂みたいな色が懐かしいです。

なるほど、阪急電車もいろいろあるのですね。コメントありがとうございます。

2011/06/20 14:29 | profky [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://profky.blog73.fc2.com/tb.php/270-b0e8cd89

| TOP |

プロフィール

profky

Author:profky
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。